読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

翻訳で広がる世界を皆さまにお届けします!!

この翻訳、何に使うんですか? - vol.9

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月25日(木)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第9回です。

 

何の目的でどんな媒体に使う翻訳なのかをお考えのあなたへ!

 

この翻訳、何に使うんですか?

 

文章を作成するときには、あらかじめ用途が決まっているものです。同じ事件の記事で

も、掲載するのが産経新聞サンケイスポーツかで書き方は変わるでしょう。同じ製品

に関する文書でも、販売パンフレットと保守マニュアルでは表現スタイルが全く違

います。どこに掲載するのか、何が目的で誰が読むのかによって、どんなスタイル

や用語、表現を使うべきか決まります。

 

翻訳の場合同じで、プロの翻訳者は、用途に合わせて、適切な訳文を作成します。従っ

て、翻訳を発注する際には「何の目的でどんな媒体に使う翻訳」を翻訳者に伝える

ことが重要であり、そのためには発注者自身が翻訳文書の用途を知っている必要があり

ます。

 

ポイント

さらに、翻訳者または翻訳チームと長期的な関係を築くことが、最良の翻訳を生む

秘訣です。共有する時間が長いほど、翻訳者もあなたの会社の経営哲学や方針、製品に

ついての理解が深まり、効果的な訳文を作成できるようになります。

 

事例:

① 震災で落ち込んだ東北観光を振興しようと2012年に観光庁が立ち上げた「東北観光

博」キャンペーンサイトでは、自動機械翻訳を採用した外国語ページで詩人「啄木」が

「キツツキ」にされるなど珍訳誤訳が続出。新聞でも取り上げられ、ページは一時閉鎖

される顛末となりました。

 

② 2011年に翻訳出版された伝記「アインシュタインとその生涯と宇宙」で、下巻の一

部が機械翻訳されていたことが問題になりました。「パレードは二〇〇台の酔っパラっ

ていて旗の包茎の車を含んでいた」など意味不明な文章に苦情が殺到。出版社は下巻初

版の全面改修、修正訳の再出版に追い込まれました。

 

次回は、「語学の先生や学生に頼むという落とし穴 -vol.10」です。

 

お楽しみに

 

masa

海外向けのWEB動画配信サービスの展開

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

機械翻訳は使えるか? - vol.8

 

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月23日(火)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第8回です。

 

機械翻訳って実際どうなんですか?という疑問をお持ちのあなたへ!

 

機械翻訳は使えるか?

 

自分で読むため(情報取得用)の資料の大まかな内容を手早く確認したい時には、無料

サイトやアプリによる機械翻訳が役に立つこともあります。でも実際使ってみると、

械翻訳の訳文は意味不明で間違いも多いのが現状です。

 

一方、クライアントや一般読者が読むため(情報発信用)の文書を機械翻訳で作成する

ことは、クライアントの事前承諾がない限り原則的に許されません。相手に悪印象を与

え、大恥をかくのが関の山です。

 

では機械翻訳の出力をプロの翻訳者に渡して修正してもらうのはどうか?プロの翻訳者

がそんな仕事を請負うことはまずありません。最初から自分で翻訳するほうが、時間も

ストレスもずっと少なくてすむからです。

 

ポイント

特許など特定の分野と言語に特化した機械翻訳ソフトウェア―も開発されており、大量

の外国語文書の内容を大雑把に確認する作業(業界用語では翻訳と区別して「自スティ

ング」と呼びます)に利用されています。非常に高額の専門ソフトですが、それでも出

力結果をそのまま使うのは無理があり、専門家による後修正が必要です。

 

次回は、5月25日(木)「この翻訳、何に使うんですか? - vol.9」です。

 

お楽しみに~♪

 

masa

外国人と一緒に和太鼓体験

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

外国人と楽しく交流!

『山田翻訳事務所』が毎月週末に主催している“外国人に伝えたい○○の魅力”シリーズ

外国人とコミュニケーションを楽しみたい方にも、日本文化を体験してみたい方にも

オススメなんです。

 

5月はテーマが“和太鼓”

5月の“外国人と一緒に和太鼓体験”では、和太鼓グループの打雅奴のメンバーをゲスト

に迎え、外国人と一緒に和太鼓演奏を体験しました♪

 

和太鼓グループ「打雅奴」について

太鼓好きな仲間が集まり、1995年に結成しました。最初は太鼓一張から始め、徐々に他

の楽器に挑戦するメンバーが増え、今では太鼓のみの楽曲の他に、篠笛・尺八・三味

線・各種鳴り物を使用したオリジナル曲や民謡、お囃子等を演奏しています。結成まも

なくより毎年呼んでいただいている「覚王山祭り」をはじめとするお祭りやイベント、

日本昭和村」等のアミューズメントパーク、老人福祉施設への慰問等、愛知・岐阜を

中心に演奏活動を行っています。

打雅奴ウェブサイト http://dagaya.main.jp/ 
打雅奴ブログ http://blog.dagaya.main.jp/ 

 

みなさんでハイ!チーズ♪

f:id:masyam04:20170522220348j:plain

 

短い時間でしたが、「楽」という楽曲をみなさんで覚えました!!

f:id:masyam04:20170522221310j:plain

 

お知らせ!!

6/24の出演に向け、楽譜と下記の動画を見て自主練します〜


練習日は

・ 6/11(日)午前

・ 6/18(日)午後

 

もし出演希望者の方は、ご連絡ください!!

 

山田翻訳事務所は

「言葉をつないで、世界とつながる」をモットーに、多言語翻訳サービスを展開してお

ります。その一環として“日本の心を発信する”をテーマに、毎月1回、日本文化に精通

した先生をゲストに迎え、日本に住んでいる外国人と、外国人と日本文化を楽しみたい

日本人が交流する場を提供しています。

 

言葉の壁を取り除き、「伝わる多言語翻訳」を目指している山田翻訳事務所が企画する

イベント“外国人に伝えたい○○の魅力”。外国人と楽しみながら日本の文化体験ができる

いい機会として、参加してみてはいかがでしょうか?

 

イベントのお問い合わせはお気軽に

 

次回、6月のテーマは、「生花・華道」をする予定です。

 

お楽しみに!

 

masa

原稿決定前に翻訳を始める危険 - vol.7

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月18日(木)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第7回です。

 

翻訳プロジェクトをお考えのあなたへ - 翻訳依頼のご利用はお早めに!

 

原稿決定前に翻訳を始める危険

 

できるだけ早く翻訳プロジェクトを開始したいと思うのはもっともですが、未確定の文

章案をベースに翻訳を始めて後から修正をかけた場合、最終版の文章が出るのを待って

作業を開始するよりもかえって時間がかかることが多く、コストも(そしてストレス

も)余計に増えてしまいます。しかも違う内容のバージョンがたくさん存在すれば、そ

れだけ最終版に間違いがでる可能性も高くなるのです。

 

ポイント

時には納期が厳しくて、最終稿を待たずに翻訳を始めておかなければどうしても間に合

わないこともあるでしょう。そういう場合には必ず版数を記録し、変更履歴記録機能な

どを使用して改訂履歴を残してください。翻訳者だけでなく、DTPなどの後工程の担当

者にも有益な情報となります。

 

次回は、5月23日(火)「機械翻訳は使えるか? - vol.7」です。

 

お楽しみに

 

masa

「自分でやっちゃおうか」の落とし穴 - vol.6

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月16日(火)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第6回です。

 

自分自身の思いや魅力・イメージを正しく伝えたいと思っているあなたへ

 

お伝えしたいこと

1)

翻訳業界では、訳は正確でも表現を吟味していない翻訳を、「情報用翻訳・内部向け翻

訳」等と呼びます。このタイプの翻訳は、「一般公開用翻訳・外部向け翻訳と較べて早

く安く出来上がるのが普通です。

2)

しかし、あなたの会社や商品のイメージをアピールすることが目的なら、料金が高くて

も「公開用、外部向け翻訳」が必要です。

 

「自分でやっちゃおうか」の落とし穴

 

翻訳は文章を書く専門職です。TOEFLTOEICで満点を取った人や、日頃から英語や中国

語を駆使して商談をまとめ、海外経験も豊富な国際派ビジネスマンでも、外国語の文章

を書くとなると難しいもの。なんとか意味は通じても、やはりネイティブの書いた文章

とはインパクトが違います。

 

場合によっては、それでもかまわないこともあります。訳が多少ぎこちなくてもかまわ

ないケースの例を挙げると、

 

■ 安さがセールスポイントである場合

 (価格重視のクライアントは、多少の欠点は我慢してくれます。)

■ 外国人らしさをあえて強調したい場合

 (「変なガイジン」を売りにするタレントのように)

 

ポイント

しかし国際企業というイメージを打ち出したいのであれば、ネイティブが書いた自然な

文章が必須です。相手国の言語を正しく使えないことは、多くの文化圏では笑いのネタ

にはならず、むしろ侮辱と受け取られることさえあります。

 

次回は、5月18日(木)「原稿決定前に翻訳を始める危険 - vol.7」です。

 

お楽しみに〜♪

 

masa

〜多言語翻訳サービスで外国語による情報発信〜

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

言葉による壁を取り除き、国境を越えて感動を伝えたい!!

 

Honyaku Japan   -    山田翻訳事務所 

代表 山田将史 Masafumi Yamada

 
★伝わる翻訳 言葉のコンシェルジュ ブログ
-------------------------------------------------------------------------
〒461-0004 
愛知県名古屋市東区葵3-15-31 千種第二ビル2F
TEL:052-880-3670 FAX:052-880-3680
HP: 070-5250-5202   Email: masyam04@gmail.com
インバウンド対策・翻訳業務に関するご相談はお気軽に!!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽