読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

翻訳で広がる世界を皆さまにお届けします!!

【国際化は日本語版から始まる - vol.3】

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月4日(木)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第3回です。

 

前回は

文章使うのは、言葉でなければ説明できない内容や、

言葉で伝えるのが最も効果的な場合に限定しましょう。

【言葉で伝える必要、ありますか?- vol.2】 - 「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

 

 国際化は日本語版から始まる

 

日本文化やスポーツ、文学、社会慣習等に根ざした慣用句や比喩、故事成語などは、

本人には理解できても読者には通じないため、翻訳の際には説明を加えたり、わかりや

すく書き換える等の手間がかかります。それだけ誤訳・悪訳の原因にもなりやすいの

で、なるべく避けましょう。

 

文章表現だけでなく、視覚情報にも配慮しましょう。同じ絵を見ても、外国人が日本人

と同じ印象を受けるとは限りません。例えば、寺を表す地図記号のまんじは、海外では

鉤十字と誤解されることが多く、国によっては法律に抵触します。「夏休みの話だから

カブトムシの絵」といった連想も、外国では、通じません。

 

例えば

1998年1月に日本企業の代表者と面談した英国のブレア首相は、英国経済立て直しのた

めに”full monty”で行く所存だと語りました。すべてをかなぐり捨てて全力を尽くす、と

いうジョークだったのですが、あいにく映画「フル・モンティー」は日本ではまだ未公

開。相手にポカンとされただけでした。

 

ポイント

ときには日本らしさを出すのが効果的な場合もありますが、現地で通じるかどうか確認

しておく必要があります。電話番号、単位などを現地に合わせておくこともお忘れなく。

 

次回は、5月9日(火) 「この翻訳、いくらかかりますか? - vol.4」です

 

 

masa

 

〜多言語翻訳サービスで外国語による情報発信〜

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

言葉による壁を取り除き、国境を越えて感動を伝えたい!!

 

Honyaku Japan   -    山田翻訳事務所 

代表 山田将史 Masafumi Yamada

 
★伝わる翻訳 言葉のコンシェルジュ ブログ
-------------------------------------------------------------------------
〒461-0004 
愛知県名古屋市東区葵3-15-31 千種第二ビル2F
TEL:052-880-3670 FAX:052-880-3680
HP: 070-5250-5202   Email: masyam04@gmail.com
インバウンド対策・翻訳業務に関するご相談はお気軽に!!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽