「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

翻訳で広がる世界を皆さまにお届けします!!

「自分でやっちゃおうか」の落とし穴 - vol.6

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月16日(火)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第6回です。

 

自分自身の思いや魅力・イメージを正しく伝えたいと思っているあなたへ

 

お伝えしたいこと

1)

翻訳業界では、訳は正確でも表現を吟味していない翻訳を、「情報用翻訳・内部向け翻

訳」等と呼びます。このタイプの翻訳は、「一般公開用翻訳・外部向け翻訳と較べて早

く安く出来上がるのが普通です。

2)

しかし、あなたの会社や商品のイメージをアピールすることが目的なら、料金が高くて

も「公開用、外部向け翻訳」が必要です。

 

「自分でやっちゃおうか」の落とし穴

 

翻訳は文章を書く専門職です。TOEFLTOEICで満点を取った人や、日頃から英語や中国

語を駆使して商談をまとめ、海外経験も豊富な国際派ビジネスマンでも、外国語の文章

を書くとなると難しいもの。なんとか意味は通じても、やはりネイティブの書いた文章

とはインパクトが違います。

 

場合によっては、それでもかまわないこともあります。訳が多少ぎこちなくてもかまわ

ないケースの例を挙げると、

 

■ 安さがセールスポイントである場合

 (価格重視のクライアントは、多少の欠点は我慢してくれます。)

■ 外国人らしさをあえて強調したい場合

 (「変なガイジン」を売りにするタレントのように)

 

ポイント

しかし国際企業というイメージを打ち出したいのであれば、ネイティブが書いた自然な

文章が必須です。相手国の言語を正しく使えないことは、多くの文化圏では笑いのネタ

にはならず、むしろ侮辱と受け取られることさえあります。

 

次回は、5月18日(木)「原稿決定前に翻訳を始める危険 - vol.7」です。

 

お楽しみに〜♪

 

masa

〜多言語翻訳サービスで外国語による情報発信〜

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

言葉による壁を取り除き、国境を越えて感動を伝えたい!!

 

Honyaku Japan   -    山田翻訳事務所 

代表 山田将史 Masafumi Yamada

 
★伝わる翻訳 言葉のコンシェルジュ ブログ
-------------------------------------------------------------------------
〒461-0004 
愛知県名古屋市東区葵3-15-31 千種第二ビル2F
TEL:052-880-3670 FAX:052-880-3680
HP: 070-5250-5202   Email: masyam04@gmail.com
インバウンド対策・翻訳業務に関するご相談はお気軽に!!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽