「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

翻訳で広がる世界を皆さまにお届けします!!

質問の多い翻訳者は良い翻訳者 - vol.13

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日6月8日(木)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第13回です。

 

質問の多い翻訳者は良い翻訳者

 

原文に向かっている翻訳者ほど、文章を一語一句注意して読む人はいません。もし原文

に不明確な箇所があれば、翻訳作業中に気づくはずです。翻訳者からの内容確認の問い

合わせは文書の見直しと改善につながるので、面倒と思わずむしろ歓迎すべきなので

す。

 

例えば・・

欧州のあるビデオゲーム会社では、自社ストックオプション規定の英語翻訳版が納品さ

れるまで、経営陣も実はその内容をよく理解していなかったのそうです。が、翻訳者

は細かく意味を確認し、原文よりもずっとわかりやすく書きなおした翻訳を納品しまし

た。

 

「原文を公開する前に、なるべく翻訳が戻ってくるのを待つようにしています」と、パ

リに拠点を持つ大手銀行のチーフエコノミストは語ります。「専門分野をよく勉強して

いる翻訳者は批判的な目で文書を読むことで、原文の問題点が浮かび上がってくるから

です。」

 

ポイント

プロの翻訳者は、原文を読み通して完全に把握してから、その内容を別の言語で新たに

文書化します。このためには内容を正確に理解する必要があり、原文に曖昧な箇所や矛

盾点がある場合、プロの翻訳者は発注者に確認の質問をしてくるものです。

 
次回は、6月13日(火)「専門文書は専門知識のある翻訳者へ - vol.14」
 
お楽しみに〜