「伝わる翻訳」言葉のコンシェルジュ - 山田翻訳事務所

翻訳で広がる世界を皆さまにお届けします!!

「語学の先生や学生に頼む」という落とし穴 - vol.10

こんにちは、「伝わる翻訳」のyamadaです。

 

翻訳で失敗しないために

本日5月30日(火)、「翻訳で失敗しないため」シリーズ 第10回です。

 

翻訳を語学の先生や学生に頼もうと考えたことのあるあなたへ!

 

「語学の先生や学生に頼む」という落とし穴

 

初めて外国語の文書を扱うことになった会社が、近くの語学スクールや大学の外国語学

部に助けを求めることがあります。外資料の和訳など社内だけで読む翻訳(情報取得

用ならそれでも大丈夫かもしれませんが、宣伝文書を外国語に翻訳する場合(情報発信

用)には、失敗する危険が非常に大きいので要注意です。

 

外国語を教えるのは特殊な技能を必要とする難しい仕事ですが、日本語の文章を自然な

外国語に翻訳したり、外国語のニュアンスを正確に反映し、用途に合わせた適切な日本

語に翻訳することは、それとはまったく違う技能です。ましてや、コスト節約のため語

学部学生に翻訳のアルバイトをさせるのは無謀です。

 

ポイント

簡単な手術だからと医学生アルバイトに執刀を任せたり、コスト節約のために会社会計

報告書を経営学部の学生に作成させたりするでしょうか?製品カタログやビジネスレ

ター、年次報告書や社長スピーチの翻訳を語学学生に任せるのも同じことです。

 

山田翻訳事務所は、「伝わる翻訳」を理念とし、単なる翻訳にとどまらず、ユーザーの

心に響く、アピールする翻訳を目指しています。

 

次回は、6月1日(木)「翻訳者なら和訳も外国語訳もできる? - vol.11」です。

 

お楽しみに~

 

masa